パソコン ヘルパー ブログ(β)

HelpIT(β)

格差

未分類

情報格差(デジタルデバイド)

投稿日:

「格差社会」、「貧富の格差」など、「格差」と言う単語がニュースや新聞などにて取り上げられる事が多くなっています。

それに比べては、あまり注目は浴びていませんが「情報格差(デジタルデバイド)」という問題も進行しています。

 

デジタル・ディバイドとは、「インターネットやパソコン等の情報通信技術を利用できる者と利用できない者との間に生じる格差」のことをいう。

引用:総務省資料 デジタル・ディバイドの解消https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h23/pdf/n2020000.pdf

 

該当する分野は多岐にわたるのですが、簡単にまとめると

パソコンやスマートフォンが利用できる者は、最新の情報にアクセスして

「商品を購入する際に、幅広く比較検討して、便利で安いモノを購入することが出来る」

「利用価値の高いサービスを知り、利用することができる」

「災害時にいち早く、安全を確保できる」

「インターネット上の情報で学習し、知識・技術を身に着けて、より賃金の高い職を得る事が出来る」

などメリットを得ることが出来る。

その差が蓄積されることにより、格差が広がります。

  

  

何故、今日の記事が「情報格差」を取り上げたかと言うと、車のタイヤがそろそろ摩耗して交換する時期となりました。

まず、ご近所の自動車部品チェーン店で見積りをしていただきたところ、1本24,000円(取付作業込みの総額11万円)でした。

次の自動車整備工場の見積りは、1本20,000円(取付作業込みの総額10万円)。

ネットにて最安値を調べると 1本1,1000円でした。

地元で組み付けてくれる持ち込み歓迎!の整備工場は、ネットで「タイヤ 持ち込み」で検索すれば出てきます。amazonにも対応サービスがあります。

ネットで安く購入して、地元の整備工場に直送して交換してもらう。

多分、総額11万円の半額くらいで済むのではないでしょうか。

 

情報機器を利用して調べることが出来れば、損をすることを避けることも出来る。

しかし、利用しない場合は、どれだけ損をしているかすら気づかない。

まずは、情報機器を使って検索する、調べることが大事です。

 

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大村情報へ

-未分類

Copyright© HelpIT(β) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.