パソコン ヘルパー ブログ(β)

HelpIT(β)

未分類

タイヤ(ルマン V)交換 12万円→4.5万円 情報格差(デジタルデバイド)

投稿日:

 

前の記事「情報格差(デジタルデバイド)」の続きとなります。

ちょうど、2年前に新調したタイヤが摩耗して、交換時期になりました。

まず最初に、大手カーショップに出向き見積りしていただいたところ 12万円(1本あたり3万)。

次の、街のタイヤショップでは10万円(1本当たり2.5万円)でした。

そこで、ネットショップで価格を調べたところ、44,200円で販売されており、かつ、5日のつく日は ポイント(PayPayとTポイント)が24倍 10,580円も還元され、実質33,620円で購入できることを知りました。

そして、Googleにて「タイヤ 持ち込み 」で検索してヒットしたショップに電話したところ、タイヤ組替(交換作業、バランス調整等)8,800円 + 廃タイヤ料 1,320円 = 10,120円(私の車のサイズは扁平率45で特殊なので、追加料金の1,200円が入っています)でした。

つまり、最初12万円(1本あたり3万円)だったものが、43,740円(1本当たり、1.1万円)で、交換出来たのです。

その差、76,260円です。

多分、この「タイヤ 持込交換」のショップに、普通に「タイヤ交換したいんですが」と尋ねたら、見積りは 10万円と言うでしょう。

民間会社とは、営利を目的として設立されるものです。利益を追求するのは当然です。

「知ってる人には注意深く商売する。知らない人からは高く売る」そう言うものです。

ネットで調べる → 電話して確かめる → 実行する

この情報発信の時代の生きる術として、それは大事な事だと思います。

 

 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大村情報へ

-未分類

Copyright© HelpIT(β) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.